postheadericon シャンデリアの人気

電球

照明にはさまざまな種類があります。
近年、洋風の家屋が増えるにつれてシャンデリアの人気が高まっています。
シャンデリアは一般的に、天井から吊るすタイプの照明で光源が多く用いられている事が多いです。
また、その数多くの光源を反射させるようカットされたガラスやクリスタルなどが施されています。
光が乱反射し幻想的な光へと変化し、またカットされたガラスやクリスタルが装飾的役割を果たしており、とても豪華で煌びやかです。

一般家庭への普及
装飾的役割を果たしているガラスやクリスタルは、重量が増えてしまうため一般家庭向きではありませんでした。
しかし近年ではガラスなどとほぼ変わらない反射率と透明度の高い素材が使われるようになりました。
また、光源を支えている腕木と呼ばれる部分も、軽量かつ強固な素材が使われるようになり、一般家庭でも充分に吊るす事の出来る重量のものが増えました。
これにより、天井の補強を必要としなくても吊るす事の出来るシャンデリアが一般向けに普及し始めました。

優しい照明
chandelierはフランス語ではシャンドリエと読み、chandelle(ロウソク)を立てるものという意味です。
その名の通り、もともとシャンデリアに使われていた光源はロウソクでした。
しかし、技術の発達により電球が使われるようになり、ごく近年ではLEDライトを使用したシャンデリアも販売されています。
電球を多く必要とするシャンデリアですが、LEDなら消費電力が少なくて済みますので経済的にも省エネ的にも優しい照明といえます。

postheadericon 照明で部屋が変わる

白熱灯

最近、海外のインテリアが多く取り上げられるようになりました。
特に、部屋をホワイトでまとめるシャビーシックやナチュラル系のインテリアは、女性を中心に根強い人気があります。
そんなシャビーシックやナチュラル系インテリアに、普通の照明は似合いません。
やはり、華奢な作りのシャンデリアなどの照明が似合います。
シャンデリアというと、ゴージャスなものを想像してしまがちですが、今は手頃な大きさで、一般家庭に取り入れられるサイズのものが多く販売されています。

電気代が心配なら
そうとはいっても、電球が多いというだけで電気代が心配になってしまう場合があります。
特にリビングダイニングは、家族が長い時間を過ごす場所ということもありますから、尚更です。
もしも、新たにシャンデリアを設置するのであれば、照明をLEDに変えてみることをおススメします。
最初の初期投資は高くなりますが。
非常に長持ちしますから、いずれ元が取れるようになります。
家全体の照明も買えるタイミングが来る度ごとに少しずつ変えてみることをおススメします。

長く使えてエコがいい
照明というのは、高いところについていることが普通ですから、交換するのが意外と大変です。
小柄な女性や高齢者では一苦労です。
照明を長持ちするLEDに変えてしまえば、こういった苦労から解放されることになります。
また、熱を持ちませんから夏場の冷房費の削減にもなります。
夏になると、いつの間にか虫が集まってしまったりすることがありますが、この心配もなくなるという製品も販売されています。
明かりを用途に応じて二通り使い分けられる商品も試してみる価値があります。

オススメリンク
カレンダー
2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
アーカイブ
カテゴリー